新小岩で腰痛や肩こりでお悩みなら、新小岩整体院へ
メールでのご予約・お問い合わせ

平  日 10:00 ~ 21:00 ( 最終受付 20:00 )
土 日 祝 10:00 ~ 17:00 ( 最終受付 16:00 )
定 休 日 月曜日

症状の解説

<<症状の解説一覧へ戻る

膝の痛み

hiza_120.jpg歩き出すとき、立ち上がるときに膝が痛んだり、膝の内側だけ痛い、正座ができないという症状は、高齢の方であれば変形性膝関節症の可能性が考えられます。

O脚など膝のお皿が内側を向く姿勢がクセになっていると、歩いたり階段の昇降をする度に、膝関節の内側の軟骨同士が繰り返しぶつかり、軟骨が磨り減ったりトゲができたりといった変形を起こし、痛みの原因となります。

 

当院では・・・

saruru_up_5p.jpg


当院では、筋肉の調整とともに、痛みのでにくい座り方、歩き方の指導もしていきます。変形を今以上に進行させない為には膝まわりの筋力をつけて関節を保護する必要があるため、無理なく筋力アップできるような体操もとり入れていきます。

 - 実 際 の 施 術 例 -

60代 女性 会社員

ご来院時の症状
右内転筋や、が足が膝の屈伸で痛みが発生し、膝を外側に向ける動きで痛みがでる。
また右内転筋をストレッチさせると大腿内側にハリや痛みが出ることを確認。


検査、原因分
歩行で骨盤の揺れを確認(ウォーキングをしたところ)患部の右側の骨盤の動きが制限
されていた。


施術プラン
膝の痛みの原因が骨盤にあると判断し、右の骨盤周り(大殿筋、中殿筋)を中心にトリガー
ポイントセラピーで筋肉をリリースする。同時に膝関節周辺の筋肉もトリガーポイントセラピー
にてリリース。股関節と膝関節の可動域を回復するために股関節と膝関節の調整を行う。


経過
1回目:
腰、大殿筋、中殿筋、ハムストリングス(大腿裏)内転筋を中心にトリガーポイントセラピー
にて筋肉をリリースする。大腿内側(縫工筋、薄筋)もリリースする。それから
「足のモビリゼーション」で股関節や膝関節に動きを加える。


2回目(8日目):
治療後の夜にだるさが発生。けれど朝には症状は収まる。
右ひざの痛みはまだ残る。引き続き股関節と膝関節に付着する筋肉をトリガーポイントセラピーにてリリース。
治療効果を高めるため次回からホームエクササイズとして「お尻のストレッチ」「内転筋のストレッチ」を指導する。


3回目(15日目):
まだ少し右膝の痛みは残っている。しかし、少しづつではあるが痛みは軽減されてきている。
今日は今までの治療に加えてホームエクササイズとして「内転筋のストレッチ」「お尻のストレッチ」を行う。

 
4回目(35日目):
右膝の痛みは良い悪いを繰り返しているが悪化はしていない。
治療範囲をさらに広げ腸腰筋へのトリガーポイントセラピーと骨盤周辺を緩める。

 
5回目(85日目):
膝の痛みが軽減してきたところでスタジオレッスンを行ったところ再び膝を痛めてしまった。
けれど痛みが酷くなることはなかった。今まで行ってきた治療は変えず月1回のペースでお体の
メンテナンスを継続していく。

 
その後:
今では膝の痛みは良くなり趣味のエアロビクスや、ダンス等などが楽しいまでに回復した。

 

———————————————————————————————-

大川カイロプラクティックセンター 新小岩整体院

JR新小岩駅南口 徒歩5分

Tel:03-5879-6602

異常がないのに痛み、違和感、だるさのある方・腰痛・肩こり・骨盤矯正・手足しびれ

マタニティーコース、産後のケア、キッズスペースあり

メールでのお問合せ、ご予約はこちらから

HP:http://shinkoiwaseitai.com/

  受付時間  平日  10:00~21:00
(最終受付 20:00)
  土日祝  10:00~17:00
(最終受付 16:00)
  ※祝日はお休みを頂く場合がございます
  月曜定休

————————————————————————————————

PAGE TOP